OPOLJA / shutterstock.com

職場での昇進、新しい車、恋人──何であれ、私たちは常に何かを追い求めている。そして、それは私たちに、「~が実現すれば幸せになれる」という誤った考えを抱かせてしまう。

望んでいた何かが起これば、確かに私たちは幸せを感じる。だが、その幸福感は長続きしない。米ノースウェスタン大学が実施した調査の結果、宝くじで大金を当てた人の幸福度も、一年たてば他の人たちと同じレベルにまで戻ってしまうことが分かっている。

幸福感は、自分で作り出すことができるものだ。そして、あなたが習慣によって自ら生み出した幸福感は、消えることがない。次に紹介する習慣を身に付けることで変化が起きるかどうか、試してみてほしい。

1. 小さなことに感謝する

人間の行動は習慣化する。それはある意味、私たちにとって良いことだ。頭を使わずに済む上に、慣れは快適さにつながる。だが、私たちは慣れ過ぎてしまうと、日常生活の小さなことに対する感謝の気持ちを失ってしまう。

いつもハッピーな人たちは、食事を味わうこと、会話を大いに楽しむこと、外に出て新鮮な空気を深く吸い込むことの大切さをよく理解している。

2. 体を動かす

たった10分間の運動をするだけでも、脳を鎮静化させ、衝動を抑制する神経伝達物質、GABAが放出される。幸せな人たちは時間を作り、定期的に運動している。それが自分の心の状態に好影響をもたらすことを知っているからだ。

3. 人のためにお金を使う

誰かのためにお金を使うことは、自分自身のために何かを買ったりすることよりも、ずっと大きな幸福感を与えてくれる。これは、研究結果からも明らかになっている。特に、友人が気に入ることが分かっている本を買いに行くなど、ちょっとした労力をかけるようなことが幸福感をもたらす。

4. 「適切な」人と付き合う

幸福感は、人を介して広がる。幸せな人たちに囲まれていることは、自分に自信を持たせ、創造性を刺激してくれる。それに、ただただ楽しいと思えることだ。一方、ネガティブな人と一緒にいれば、これらとは逆の影響を受けることになる。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO