メーガン・マークル (photo by Desiree Navarro / gettyimages)

英王室がヘンリー王子との交際を認めた米女優のメーガン・マークルは自信に満ち、女優としての輝かしい経歴を持つ才能ある女性だ。王子様を夢中にさせる魔法も、宮殿まで運んでくれる馬車も必要としなかった。

昨年11月にはケンジントン宮殿が異例の声明文を発表。王子とマークルの交際を認めると共に、マークルが「ののしりや嫌がらせの対象になっている」「ソーシャルメディアやインターネット上に人種差別的、性差別的なコメントが相次ぎ投稿されている」として、メディアの自制と、マークルのプライバシーの尊重を求めた。

同じ時期にはマークルがヘンリー王子の住まいであるケンジントン宮殿に宿泊していたことが初めて報じられ、ニュースサイト「デイリービースト」の王室担当記者であるトム・サイクスは、「一般的には、32歳の男性が交際相手を家に泊めても大したことではない・・・だが、その男性がヘンリー王子なら一大事だ」と伝えた。

王子とマークルの交際は、その後も順調だとみられている。やむことのないメディアの攻撃や、常に公の目にさらされるプレッシャーに二の足を踏んだ過去の王子の交際相手の女性たちとは異なり、マークルは断固たる態度を取り、始まったばかりの王子との交際を続けるために、闘う用意ができているようだ。

女優、活動家、そして庶民の「外国人」

王子とマークルは、英王室を支配してきた慣習や伝統も打ち破る行動にも出ようとしている。ヘンリー王子の兄ウィリアム王子と結婚したキャサリン妃(ケイト・ミドルトン)も「庶民」だった。マークルも同妃と同じように庶民だが、さらにヘンリー王子より3歳年上で、父親が白人、母親が黒人の「外国人」だ(ロサンゼルス生まれの米国人)。7年間交際した男性と結婚し、2年後に離婚している。

女優としてのマークルは主にテレビドラマで活躍。出演した作品には、リーガル・ドラマ「SUITS/スーツ」、長寿番組の昼ドラマ「ジェネラル・ホスピタル」、犯罪捜査ドラマ「CSI:ニューヨーク」などがある。また、「モンスター上司」などの映画にも出演している。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO