Africa Studio / shutterstock

世界で販売されるワインの5本に1本が偽物──。そう語るのは、「ワイン界のシャーロック・ホームズ」とも呼ばれる偽造ワイン専門家のモーリーン・ダウニーだ。

「誤ったブドウ品種を表示する偽造ワインやバルクワインから、スーパーで売られるワイン、ミラヴァル・ロゼやラフィットまで、全てを合わせれば、20%という数字はまだ控えめな見積もりでしょう」

「偽造ワインの生産・流通量は今、世界規模で減少ではなく増加しています。犯罪組織が関与している事例もあるのです。偽造品は市場から排除されることなく、偽造ワインを意図的に、あるいは知らず知らずのうちに扱っている業者によって流通させられています。このような事例はこの目で何度も目撃してきました」

ダウニーは高級ワイン市場が活発な世界各国の都市をめぐり、偽造ワインについての啓蒙活動を続けている。今週には3日間にわたり香港でワイン真贋鑑定についての講演会やセミナーを実施する予定だ。香港と中国の偽造ワイン事情は特に深刻で、他の地域と比べて「とてつもなく大きな問題」だという。

「新興市場でのバイヤーは産地について聞くべき点や注意すべき点、ワイン鑑定に関する知識が浅いため、この市場は偽造品の生産・販売業者にとって格好の標的となっています。中国で売られる高級ワインの最大5割が偽造品と考えられています」

ダウニーは過去に、偽造ワインを大量に生産したとして米国で有罪判決を受け現在収監されているルディ・クルニアワンの裁判で証言台に立った。「ルディが生産・販売した偽造ワインは、現在の市場で少なくとも5億5,000万ドル(約618億円)分に相当します。このうちどれだけがアジアに渡ったかは分かりませんが、(香港で開催された高級ワイン競売の)アッカー・メラル・オークションや、これまであった仲介事例を見ていると、半分以上であることは確かです」

ここ最近の懸念は、偽造ブルゴーニュワインの増加だという。「最近になって欧州から、これまでになかったほど多数の偽造品が出回っています。これらは最近醸造されたものです。非常に高度な偽造品が新たな場所で生産され、怪しげな競売会社や販売業者、仲介業者によって販売されています。産地はベルギーやフランス、スイスです」

偽造ワインを見分けるには、しっかりとした知識を持ち、ワインの産地や出所に注意を払う必要がある。以下に、ダウニーがまとめた「偽造被害を最も多く受けているワイナリー10社」を紹介する。オークションに参加する際にはこれらに注意しよう。

1. シャトー・ペトリュス
2. ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ
3. シャトー・ラフィット・ロートシルト
4. シャトー・ムートン・ロートシルト
5. シャトー・ディケム
6. シャトー・ラフルール
7. ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
8. ドメーヌ・アンリ・ジャイエ
9. シャトー・オー・ブリオン
10. シャトー・シュヴァル・ブラン

編集・翻訳=遠藤宗生

 

SEE ALSO