Photo by Rawpixel.com / Shutterstock.com

高給の仕事に就きたいなら、やはり医大への入学を目指すのがよさそうだ。ビジネス向け交流サイトのリンクトインがまとめた2017年の「米国で最も給料が高額の職業」リストによれば、上位20の職種のうちの多くが、医療に関わるものだった。

給料に関する情報はリンクトインの会員から収集したもので、少なくとも会員50人から情報の提供があった職種について、年収(基本給)の中央値で順位を定めた。経営幹部レベルのポジションは対象外としている。

医療関係以外で上位に入ったのは、上級社内弁護士(10位)、次いでスタッフ・ソフトウェアエンジニア(11位)だった。20位までの職種と年収のランキングは、以下のとおりだ。

米国で最も高給の職種ランキング

1位: 心臓専門医 35万6,000ドル(約4,134万円)
2位: 放射線科医 35万5,000ドル
3位: 麻酔専門医 35万ドル
4位: 外科医 33万8,000ドル
5位: 医長 23万ドル
6位: 病理学者 22万5,000ドル
7位: 一般開業医 22万ドル
8位: 病院総合医 22万ドル
9位: 精神科医 21万8,000ドル
10位: 上級社内弁護士 17万5,000ドル
11位: スタッフ・ソフトウェア・エンジニア 16万8,000ドル
12位: 歯科医 16万5,000ドル
13位: エンジニアリング・ディレクター 16万4,000ドル
14位: 税務主任 16万1,000ドル
15位: 製品管理主任 16万ドル
16位: 弁理士 16万ドル
17位: 麻酔看護師 15万6,000ドル
18位: シニア・ソフトウェアエンジニアリング・マネージャー 15万5,000ドル
19位: 国際マーケティングディレクター 15万5,000ドル
20位: 足病医 15万ドル

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO