Edward Berthelot / gettyimages

ポケモンGOが中国政府の意向により、人口13.6億人の新大陸への進出の道を絶たれた。世界中で大旋風を巻き起こしたポケモンGOだが、中国のゲームファンは当面、パクリ版の「City Elves GO (城市精灵)」等のゲームで我慢するしかなさそうだ。

ロイターの報道では中国当局は、ポケモンGOのセキュリティ上のリスク及び安全性が確認できるまで、このゲームの立ち上げを認めないという。政府が管轄する中国音像与数字出版協会(CADPA)は、ポケモンGOが「地図情報のセキュリティに脅威を与え、交通機関や個人の安全を脅かす」と述べている。

問題となっているのは消費者の安全に対する懸念と、国家のセキュリティ上の問題だ。安全の観点から言うと、ポケモンGOのプレイヤーが強盗に遭ったり、交通事故に巻き込まれたり、怪我をした事例が世界各地で報告されている。しかし、これだけが禁止の理由になるとは思えない。

より重大な問題は「地図情報のセキュリティに対する脅威」だ。海外の企業や政府が、国内の詳細な地図データにアクセスすることは、それがポケモンGOのようなゲームであったとしても、中国政府にとっては懸念すべき事態だ。ポケモンGOは中国で禁止されているグーグルマップの情報を利用しているため、いずれにしろ中国進出は不可能であるのだが。

しかし、これで中国と日本との友好関係が損なわれたかというとそうではない。中国では青少年の教育に悪影響を与えるとして2000年以降、家庭用ゲーム機の生産・販売が禁止されていたが、2013年に規制緩和を実施。15年からソニーのPS4の販売も開始され、販売額は昨年11月時点で前年比56.7%増を記録。2016年の販売額は33億7000万元(約550億円)に達する見通しとされていた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO