ACEA 2016/Photo Ricardo Pinto

世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカズカップ」。その前哨戦となる「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・ワールドシリーズ 福岡大会」が、2016年11月19、20日の2日間、念願の日本開催を果たした!


165年にも及ぶ伝統あるレースが、アジア地域で開催されるのは史上初のことだ。今回は、2017年5~6月に英領バミューダ諸島で開催される「第35回アメリカズカップ Presented by LouisVuitton」の予選最終の第9戦目。

日本チームとしても15年ぶりの参加となるソフトバンク・チーム・ジャパンは、これまで第6回のシカゴ大会から連続で表彰台にあがり、フランス大会では2位になるなど好調で、我々ファンの期待は大いに高まる。

レース初日、肝心の風が心配されたが天候は良好。午後1:00ちょうど、空砲の音とともに6艇が一斉にスタート。各ヨットは戦略的に、それぞれのコースを選択し風を捉えながら疾走していく。

使用する艇は全長13.45m、マスト高21.5mを擁するAC45カタマランヨット(双胴艇)。飛行機のようなスタイリッシュな船体は、フォイリング(水中翼による揚力を得て、艇体を水面から浮かせた状態)しながら滑走していく。そのさまはまるで空を飛ぶジェット機のような迫力だ。

シリーズの勝敗は、2日間計6レースの順位で獲得したポイントにより決定する。総合優勝を手にしたのは、ランドローバー・BAR。安定したセーリングで計75点を獲得し、堂々の1位となった。ソフトバンク・チーム・ジャパンは、初日の第2レースでは1位を獲得するなどの意地を見せたが、総合では第5位という結果となった。

「アメリカズカップ」の楽しみは、2017年へと続いていく。“クオリファイヤーズ” “チャレンジャー・プレーオフ”を経て、最終挑戦者が決定するのが6月12日。前回覇者オラクル・チームUSAと挑戦者都で争われる7戦先勝のマッチレースは6月17~27日に開催予定だ。

勝つためには、チームに200億~300億円以上の資産を費やすといわれるアメリカズカップ。伝統ある「オールド・マグ」を手にすることは、至福の悦びであるとともに最高の道楽なのだろう。

文=石原紀彦

 

SEE ALSO