photo by Tommy Flynn / gettyimages

大麻(マリフアナ・ヘンプ)関連株が米国で急騰している。大統領選の投票日には9つの州で大麻合法化の是非を問う住民投票が同時に行われることから、多くの投資家たちが関連企業のさらなる株価上昇を見込んでいるためだ。

米マリフアナ・インデックス(Marijuana Index)の構成銘柄となっている23社の株価は、ここ1か月半ほどで2倍以上に急騰した。マリフアナ・インデックスのダン・ニコルズ副社長は、「10月中の一日の平均出来高は、1~9月の8倍に達した」「常軌を逸した株価の急騰ぶりは主に、出来高の大幅な増加によるものだ」と話す。

同社が株価指数に採用しているのは、米国とカナダの関連23銘柄のみ。大麻関連企業の数は両国を合わせて200を超えているが、非常に厳格な採用基準を設定し、業績好調な企業に限定していることから少数にとどまっている。

ニコルズはまた、このところの高騰は投機的な取引が増えていることも理由だと指摘する。米国の株価指数はここ1か月で57%上昇。年初来137%高となっている。中でも好調なのはアメリカン・カナビス・カンパニー(American Cannabis Company)株で、1か月間で188%上昇した。

このほか、大麻関連企業の情報提供ためのオンライン・コミュニティー「420インベスター(420 Investor)」の創設者アラン・ブロシュタインもまた、関連株への関心の高まりを目の当たりにしてきた。

「今年9月以降、(発行するニュースレターの)購読者数が約30%増加している。当社ウェブサイトの閲覧者数も、前月比40%増を記録した」という。

大統領選の影響

米大統領選(と住民投票)が行われる今年は年初から、大麻関連株は上昇すると見込まれてきた。

関連企業への投資を専門に行う投資会社メッドメン(MedMen)のアダム・ビーエマン最高経営責任者(CEO)は、過去にはこの業界には怪しげな会社もあったと指摘する一方で、大統領選を前に、「機関投資家の注目を集める本格的な事業者が増えてきた」と述べている。「長期的な投資を視野に入れている人が増えている」というのだ。

ただし、前出のブロシュタインによれば、「現在の株価が持続可能なものかどうか、専門家たちは非常に慎重な見方だ」

「現状をみて、これが普通のことのように考えている人も多い。しかし、これは正常(な値動き)ではない。株価がこうした状況になってもファンダメンタルズが伴っていなければ、ハッピーエンドは望めない」

マリフアナ・インデックスのニコルズは、株価はまだピークには達していないとみている。だが、選挙後には是正する動きが出てくると確信している。

「相当の変動幅で乱高下するだろう。リスクは極めて高い」という。

編集 = 木内涼子

 

SEE ALSO