Photo by Aurélien Morissard/IP3/Getty Images

7月21日から米サンディエゴで開催された「コミコン2016」。世界最大級のオタクの祭典といわれるこのイベントを今年、大席巻したのがポケモンGOだ。会場ではポケモン関連のコスプレの来場者たちがスマホの画面を覗き込み、捕獲したモンスターを見せ合っていた。筆者はその会場で、ポケモンGOを開発したナイアンティック社のジョン・ハンケCEOに話を聞いた。

「彼らもプレイしてるよ」と49歳のハンケは、歩きスマホのカップルを見て笑った。「あのリュックを背負った男性や、向こうに座っている集団もそうだな」と彼はうれしそうに話した。

ポケモンGOは、記録的大ヒットになり米国人の10人に1人が毎日プレイしている。調査会社サーベイモンキーは米国内だけで1日600万ドル(約6.2億円)の売上と推測する。ヒラリー・クリントンは演説の中でポケモンGOについて触れ、ジャスティン・ビーバーはニューヨークのセントラル・パークでポケモン狩りに興じ、米国務省では会見中にプレイしていた記者が注意を受けた。

今や世界が熱狂するポケモンGOだが、ハンケにとってここまでの道のりは平たんなものではなかった。ほんの1年前までグーグルの社員だった彼は、在籍中に「グーグルアース」をはじめ、様々なサービスを立ち上げた。ハンケはゲームの最先端技術を開発する目的でナイアンティックをグーグル社内で設立したが、大きな成果を挙げることはできなかった。

グーグルの組織再編で「独立」を決意

その後、グーグルが組織再編によりアルファベットになると、ナイアンティックはアンドロイド部門に吸収されるか閉鎖するかの選択を迫られた。ハンケは独立企業として歩むことを決めて、外部の投資家から資金を調達した。その後、ナイアンティックは任天堂と株式会社ポケモンにアプローチし、モバイルゲーム史上最高のゲームを開発するに至った。

グーグルにとっても、ナイアンティックの独立は最高の結果をもたらした。アナリストはポケモンGOが年間50億ドルの売上をあげると推計しており、ナイアンティックの株式を30%弱保有するグーグルもその恩恵に与ることができる。

テキサスの田舎生まれ、独学でプログラム

ジョン・ハンケはテキサス州のクロス・プレインズという、信号が1つしかない人口1,000人の田舎町で育った。幼少の頃からゲーム好きで、アタリ400を使って自分でプログラミングを習得した。ハンケはテキサス大学オースティン校を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得した。以前からゲーム会社の設立を夢見ていた彼は、同級生が立ち上げた「Archetype Interactive」というゲーム会社に参画。同社が開発した唯一のゲーム「Meridian 59」は、最初の3DグラフィックによるMMORPGとされている。

編集=上田裕資

 

SEE ALSO