IMG_191 / shutterstock

ハリウッド映画で描かれる連続殺人犯としてのサイコパス(精神病質者)のイメージは、間違ってはいない。だが、サイコパスのすべてが残忍な犯罪者になるわけではない。実際には、多くがビジネス界のリーダーとして成功を収めている。

米専門誌「Behavioral Sciences & the Law」(行動科学と法律)が2010年に発表した研究結果によると、サイコパスと判断されるのは人口の約1%。一方、ビジネスリーダーに限ってみれば、3%ほどがこの分類に該当するとみられる。また、米国内の刑務所に収監されている受刑者のうち、15%はサイコパスだと考えられている。

仕事を通じて知り合った人の中にサイコパスがおり、あなたがそれに気づいていない可能性は十分にある。次の5項目に当てはまる人がいたら、その人がそうかもしれない。

1. すごく魅力的

サイコパスの第一印象は悪くない。少なくとも初対面のときには、好感を持たれる。雑談にも快く応じるし、いつでも当意即妙の発言をできる人に思える。

他人からみて、彼らは頭の回転が速く、人の心を引き付けるような話をする人物だ。そして彼らは人の信頼を得るために、お世辞を言ったり、称賛したりもする。

2. 他人に共感しない

たとえ自分の家族であっても、サイコパスは自分以外の人のことを気にしない。顔色一つ変えずに誰かを傷つけることがあるが、それでも良心が痛むことはない。

自分の言動によって傷つけられたと訴えてくる人がいても、自らに責任はないと言い放つだろう。傷つけられた人は、サイコパスのこうした態度からさらに害を被る。

3. 人の気持ちを食い物にする

サイコパスは、知的レベルにおいては他人の感情を理解している。そしてその知識を、自分の都合の良いように利用する。罪悪感をくすぐったり、お世辞を言ったりして、通常なら取らないような行動を他人に取らせる。

一方で、他人の同情を引こうとする。誰かをだまして支援を得たり、心配をしてもらったりするために、自分は被害者だと訴える。

編集 = 木内涼子

SEE ALSO