Giulio_Fornasar / Shutterstock

ドナルド・トランプの支持者の大半は、アニメで自慰行為をする寂しい男たちだ————。政治コメンテーターのリック・ウィルソンが先日、テレビ番組で放った一言がネット上で波紋を呼んでいる。

炎上を狙った発言であることは明らかだ。ウィルソン本人もわざとトランプ支持者を煽ったのだとツイートした。彼の言うアニメとは、「ヘンタイ」と呼ばれる日本のアダルトアニメのことである。しかしなぜウィルソンは、アニメオタクを侮蔑の対象に選んだのか?

いつの時代も、熱烈なオタクたちは社会に不安をもたらす存在と見なされてきた。70年代、「スタートレック」のファンは気色悪い、偏執的だと中傷され、80年代にはRPGの「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が悪魔崇拝を助長するとしてバッシングを受けた。

今日、大衆文化とオタク文化の境目は限りなく曖昧になった。『スター・ウォーズ』や『ハリー・ポッター』に万人が熱狂し、それらの作品のファンがメディアで揶揄されることはない。だが、文化の異なる外国発祥のアニメのファンを嘲笑することは米国では許容の範囲内とされているのだ。

昨年11月、雑誌「ニューヨーク」誌がツイッターのアイコンにアニメのキャラクターを使用する人々に関する記事を発表した。執筆者のマックス・リードによると、アニメアイコンを使用する人の多くが保守的な政治運動を支持し、GamerGate運動(ゲーム文化を議論するムーブメント。女性差別発言を含む荒らし行為がエスカレートした)のサポーターだという。

彼は記事中で「アイコンをアニメキャラにしているアカウントは荒らし行為を行う可能性が高い。熱心なオタクには非常に知的な人物も居るが、嫌がらせを受けたくなければ、ブロックすべきだ」と主張。さらにアニメのアイコンを使う人々は、他の画像を使う人々よりも多くの時間をネットに費やしており、それゆえ社交性に乏しいとこじつけた。

言うまでもなく、アイコンの絵柄に関係なく荒らしや嫌がらせをする人々は存在する。リードの発言は、ウィルソンが好ましくない人物の象徴としてアニメファンを標的にしたのと同様、偏見に満ちたものと言える。

それでは、ウィルソンが言う「アダルトアニメで自慰行為をする男性」とは、一体どのような層を指すのか? それはずばり、一部のミレニアル世代である。ポルノ動画サイトPornHubによると、18〜34歳の視聴者が使う検索キーワードのうち「cartoon」が13位、「hentai(変態)」が17位にランクインしている。ミレニアル世代はまた、年長世代に比べて「anime」を検索する比率が131パーセント高い。

共和党がミレニアル世代の支持獲得に苦戦している今、彼らはアニメオタクこそ味方につけるべきなのである。調査によるとミレニアル世代は他の世代に比べ、共和党よりも民主党を支持する傾向が強い。

ネット上には今、トランプのアニメコラ画像があふれている。kotakuなどのサイトにはトランプを面白おかしくアニメ化した画像が山ほど掲載されている。オタクたちはトランプを嫌いではない。共和党はオタクを馬鹿にしている場合ではないのだ。

編集=海田恭子

 

SEE ALSO